試着してから着物レンタルできるお店なら安心

着物レンタルはどこでした?

田中屋呉服店

実際に着物をレンタルしてみてよかった事は?

色々な着物の中からたくさん試着してからレンタルすることができたため、自分により似合うものをレンタルすることができた。

また、購入するよりも安く済むことができるため、レンタルの方が気軽に着物に触れることができる。

日本ならではの着物を身近に感じることができ、日本人としての感覚を味わうことができる。

旅行先にも着物をレンタルすることができる所もあるが、そこでも利用してみたい、と着物を1度レンタルしてみたことで感じることができた。

着付け方やどのように組み合わせれば良いのかなど、専門家の人からアドバイスをもらうことができ、独学だけでは学ぶことのできないような知識も知ることができる。

その年の流行の着物をレンタルすることができ、気軽に新しいタイプのものを知ること、着用することができる。個性的な着物に出会うことができる。

(私の場合はラメやハート、チェーン、アゲハ蝶、といった派手な柄が入った新しいものを借りることができた)

 

着物レンタルのデメリットは?

自分自身の着物ではないため、取り扱いや着用している間の気の遣い具合が半端なくあること。

自分自身のものではないため、自分の行きたいところに着ていくことができず、許可を得なければならない。

時間制限があるため、いずれは着物を返さなければならず、使いたい、着たい、と感じた時に使用することができない。

オーダーメイドをすることができたため、その場にある品物の中から選ばなければならず、自分の着たいような着物がない可能性がある。

レンタルという事実があるため、着物を着てはいるが周りに見栄をはるとができず、着物を実際に持っている人からすると下に見られる可能性がある。代々受け継ぐというような歴史を感じることができない。

たとえレンタルであっても、普通の洋服とはけた違いの金額になることが多いため、あまり手軽にレンタルしようと考えることができない。

洗濯はされているであろうが、前回どのような人が着用したかどうかがわからない。

 

もし次着物レンタルをするならどんなことに注意したい?

食べ物が近くにある時などは特に、着物に汚れがつかないように気を遣いながら使用すること。

新しいものや個性的なものがないかを確認して、より自分に似合う着物を探し、着用すること。

組み合わせ方や色合わせなど、自分で考えてみてからアドバイスをもらい、自分の知識やセンスを磨いていくこと。

これまでは、黒やピンク、赤、白など、同じようなワンパターンの着物しか挑戦していないため、新しいタイプの着物や着たことのない色味の着物に挑戦していくこと。

着物を預かっている間の保管方法について。

一緒にいる人との色の合わせ方や系統の合わせ方にも注意して、ちぐはぐや取っ散らかっていないかどうか、主張しすぎていないかを確認すること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です